白内障手術Cataract

「白内障」とは

眼の中のレンズの役割をする水晶体が、白く濁ってくる状態を白内障と呼びます。
白内障の主な原因は、加齢ですので、早かれ遅かれ、必ずどなたも加齢性白内障になられます。白髪と同様に、何歳に出てくるかは個人差があります。早い方では40歳台から始まり、80歳台ではほぼ全員の方が白内障になっています。 また、糖尿病、強度近視、眼の怪我をした方は、早くに白内障が進んでくることがあります。

「白内障」とは

白内障の症状

物がかすんで見えたり、二重に見えたり、まぶしく見えたりし、進行すれば視力が低下します。
ただし、ほとんどの白内障は進行がゆっくりですので、ご自身では気付きにくいです。

白内障の症状

白内障の治療

白内障の根本治療は、手術が唯一の手段となります。点眼薬などは進行を少し遅らせる程度で、治す効果はありません。

白内障手術は、眼の中の濁った水晶体を取り除き、その代わりに人工レンズを挿入します。 麻酔(痛み止め)は、目のみの点眼麻酔ですので、持病がある方、ご高齢の方でも安心です。痛みはなく、手術時間は通常10分程度と短いです。

白内障手術は欧米では、ほぼ100%日帰り手術で行われており、負担の少ない手術です。当院でも基本は日帰りでの白内障手術をお勧めしております。ただし、一人暮らしや遠方である等、その他、日帰り手術に不安がある方は、当院の目の前にある「ふくやま病院」に入院して頂くことも可能です。お気軽に申し出てください。

当院で行う白内障手術の特徴 当院で行う
白内障手術の特徴

痛みがなく、短時間で安全な最新の白内障手術を提供いたします。また、難治性の白内障手術や術後のトラブルにも対応可能です。
当院は硝子体手術設備を備え、院長は難症例の白内障手術、網膜硝子体手術を専門としておりますので、白内障などの水晶体疾患については当院で全て治療を完結できると自負しております。